旅行 登山&ハイキング

大雪山・旭岳:日本一早い紅葉をお手軽ハイキングで!【北海道】

2022年8月26日

アイキャッチ3353

こんにちは、そうま灯火です。

日本で最も早く紅葉する場所ってどこかご存じでしょうか?

それは、北海道大雪山・旭岳(だいせつざん・あさひだけ)です。

本記事では、日本一早い紅葉を楽しめる大雪山・旭岳のハイキングコースや時間など、解説します。

大雪山・旭岳の特長2選

  • ロープウェイを使用して楽々アクセス!ハイキングはコースタイム1時間高山植物の紅葉を満喫!
  • 旭川・美瑛を拠点としてアクセス!その日のうちに富良野や美瑛をついで観光可能!
そうま灯火

北海道の中央に鎮座している大雪山は、ひとつの山を指すのではなく、いったいの山々の総称です。

その中でも旭岳は日本で最も早く紅葉する場所として知られています。美しい山の紅葉を先取りしちゃいましょう!

ちなみに、今回は紅葉目的ですのでピークハント(頂上登山)はしていません。

大雪山・旭岳(だいせつさん・あさひだけ)について

大雪山・旭岳の基礎データは以下の通りです。

大雪山は、その山々全体が「大雪山国立公園」とされており、標高でいえば2,000mくらいの山々なのですが本州でいう3,000m級の自然模様を擁しています。

中でも旭岳は、ロープウェイが整備されており日本最速の紅葉スポットでもあることから特に人気のある山となっています。

本州では、紅葉は10月~12月ですが、旭岳は9月中旬には見ごろになります。
紅葉の時期となりますので、9月ですが秋~初冬なみの装備が必要なことに注意しましょう。

格好の参考
秋~初冬に着用するフリースでちょうどよいくらい。9月でも紅葉の時期並みの寒さ対策が必要です。
名称大雪山・旭岳(だいせつざん・あさひだけ)
所在地北海道上川郡東川町
標高2,291m
その他特徴日本百名山、北海道最高峰

駐車場・登山道へのアクセス~大雪山旭岳ロープウェイ~

旭岳のハイキングコースにアクセスするためには、大雪山岳ロープウェイを利用する必要があります。

よって、ロープウェイ駅の駐車場を利用しましょう。

ロープウェイは紅葉の時期は大変混雑します。営業時間は6:30からと早いため、時間に余裕をもってスケジュールするようにしましょう。

営業時間6:30~17:30(季節により変動・秋季は左記の時間)
料金大人3,200円(往復)(季節により変動・秋季は左記の価格)
所要時間片道約10分
旭岳ロープウェイ01
ロープウェイで山頂広場へ向かいます。高度が上がるにつれて紅葉してきました。
旭岳ロープウェイ02
ロープウェイの影と紅葉

ハイキングコースと参考タイム

旭岳・散策コース
画像出展:国土地理院の地理院タイル(標高タイル)を加工して作成

ロープウェイの姿見駅から山頂への登頂ルートもあるのですが、今回は紅葉ハイキングということで、遊歩道が整備されている範囲でぶらりと散歩することにしました。

公式ウェブサイトにも記載がありますが、1周およそ1時間で周れるルートです。

写真で見る旭岳の紅葉

ロープウェイ姿見駅からスタート!

姿見の池まで01
ハイキングコースはどこからでも旭岳を臨めます。
姿見の池まで02
青空と紅葉のコントラストが◎。森林限界にあるため高い木はありません。

8:30にロープウェイに乗り、8:45頃からハイキング開始!

ロープウェイ姿見駅から程なくすると、雄大な旭岳を見ることができます。高山の木々も紅葉しておりコントラストが非常にきれいです。

まずは姿見の池に向かって歩いていきます。

チングルマの紅葉ポイント①

姿見の池まで03
チングルマの群生地。赤いじゅうたんの様。
姿見の池まで04
花は綿毛になっており可愛らしい。

姿見の池への道中では、旭岳の紅葉の代名詞である高山植物のチングルマの紅葉を楽しめます。

赤いじゅうたんの様に、いったいを赤く染めているのは壮観です。

姿見の池

姿見の池01
姿見の池に到着。グラデーションのキレイな池です。
姿見の池02
噴気口が近づいてきました。池と一緒に映ると迫力があります。

姿見の池は、ハイキングコースのもっとも離れたところにありますので、ここが折り返し地点となります。

もっとも旭岳の頂上に近づく場所となるので、高山植物も絶えてしまいガレ場が続いています

せっかく紅葉の山に来たので、ガレ場を進みピークハント(頂上を目指す)するのは、別の機会にお預けですね!

旭岳の大崩落・噴気口

大崩落01
今の旭岳は、太古に火山で吹き飛んで形成されました。
大崩落02
噴気口がたくさん!近くでみるとさらに迫力が!

姿見の池から少し進むと、旭岳の大崩落という箇所があります。

太古の火山で吹き飛んだ地形となっており、近辺の噴気口からは、たくさんの煙がもくもくと立っています。

第4展望台と夫婦池

夫婦池01
第4展望台からの風景。紅葉と緑がキレイ!下界には忠別湖が見えます。第1展望台からこちらを見る観光客が確認できます。
夫婦池02
夫婦池と呼ばれる二つの池。間を遊歩道が通っています。

南に向かって高度をさげていくと、ガレ場地帯がおさまり、再び紅葉エリアに入ります。

夫婦池と呼ばれる二つの池の間を渡り、第4展望台まで進みます。

第4展望台からはロープウェイ姿見駅を確認でき、まだ距離があります。

チングルマの紅葉ポイント②

第1展望台02
まるでジオラマのような色彩の美しい景色!
第1展望台01
チングルマの紅葉と旭岳

再びチングルマの群生地があります。ここでも背景を旭岳にしたチングルマを観察することができます。

緑と赤のメリハリがあり、非常にきれいな色彩です。

第1展望台

第1展望台03
ロープウェイ姿見駅が近づいてきました。
第1展望台04
個人的に紅葉と旭岳が最も美しく見える展望台です。

第1展望台まで戻ってくると、ロープウェイ駅がかなり近づいてきました。

標高が高いところよりも紅葉の数が多く、個人的には第1展望台あたりの紅葉が一番見ごたえがありました。

朝早くハイキングを開始する場合は、少し日が上がった方がさらにキレイになるため右回りルート(反時計回り)で正解かもしれません。

ロープウェイ姿見駅に帰着

姿見駅付近01
ロープウェイ姿見駅のそばの遊歩道。よく整備されています。
姿見駅付近02
北の方角に安足間岳が見えます。紅葉に燃える山としては旭岳よりキレイかも!?

第1展望台まで戻ってくると、ロープウェイ駅がかなり近づいてきました。

標高が高いところよりも紅葉の数が多く、個人的には第1展望台あたりの紅葉が一番見ごたえがありました。

朝早くハイキングを開始する場合は、少し日が上がった方が陽光が強くなることでさらに木々がキレイになるため右回りルート(反時計回り)で正解でした。

実際のコースタイム

実際のコースタイムは以下の通りでした。おおむね、公式WEBページと同じように1時間程度でコースを周ることができました。

ロープウェイの時間も含めると2時間弱の滞在でした。

チェックポイント経過時間時刻
ロープウェイ旭岳駅出発8:30
ロープウェイ姿見駅到着10分8:40
チングルマ群生地①・姿見の池30分9:10
大崩落・噴気口10分9:20
第4展望台・夫婦池15分9:35
第1展望台・チングルマ群生地②15分9:50
ロープウェイ姿見駅出発20分10:10
ロープウェイ旭岳駅到着10分10:20

ファーム富田(富良野)や青い池(美瑛)で「ついで観光」&回転寿司あります

旭岳の紅葉ハイキングは、時間かけても半日もあれば終わりますので、ふもとの観光と組み合わせることをオススメします。

例として、富良野の観光と食事スポットと美瑛の青い池について紹介します。

ファーム富田

ファーム富田・秋01
ラベンダーで有名なファーム富田。秋も色とりどりの花が植えられています。

ラベンダー畑で有名なファーム富田は、9月中旬は秋の花がたくさん植えられています。

紅葉に合わせてでしょうか、黄色や赤色のケイトウやサルビアの花が特に目を引きました。

ラベンダーが有名なので、季節外れかなと思いましたが、色とりどりの花を楽しむことができます。ファーム富田、秋でもおすすめです!

ファーム富田・秋02
色とりどりのサルビアの花畑
ファーム富田・秋03
紅葉色(黄色・赤色)のケイトウの花畑

青い池

青い池
美瑛の青い池、前回は夏でしたが秋に再訪しました。夏より青みが薄い?

美瑛町の人気観光地である青い池も、ついで観光できるスポットです。

青い池を含む美瑛町のオススメ観光スポットは以下で詳しく解説しておりますので、ご参考にしてください。

ランチ:回転寿司トピカル

北海道にきたら回転寿司を食べたくなりますよね。

富良野は山の中の街なので無理かなと思っていましたが、なんと富良野市に一店舗だけあります。それが回転寿司トピカルです。

内陸であってもさすがは販路が近い北海道、新鮮なネタを楽しむことができました。

トピカル01
内陸の富良野市にもあった!回転寿司。
トピカル02
北海道にくると来たくなる回転寿司。美味!

まとめ

本記事では、大雪山・旭岳のハイキングルートやコースタイムについて解説しました。

  • ロープウェイを使用して楽々アクセス!ハイキングはコースタイム1時間高山植物の紅葉を満喫!
  • 旭川・美瑛を拠点としてアクセス!その日のうちに富良野や美瑛をついで観光可能!

そうま灯火

大雪山・旭岳は日本で最も早く紅葉する山です。

オンシーズンである夏場はもちろんですが、秋にも素晴らしい魅力がありますので、ぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか。

登山をしない方でも気軽にハイキングを楽しむことができますよ!

以上、そうま灯火でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-旅行, 登山&ハイキング
-, , , , , , ,