ライフスタイル 楽天

【楽天証券】2022年4月楽天証券大改悪!?今後の楽天経済圏およびSPU対策について解説

2022年3月10日

改悪

こんにちは、そうま灯火です。

近年、目を見張るものがある(笑)楽天サービス改悪について、楽天経済圏を活用している自身にとっても衝撃が続いています。

詳しくは、色んな方たちが特集されているので省略しますが、中でも2021年4月の楽天ゴールドカードの実質無意味化(SPU廃止)はインパクトが大きかったです。例にもれず、私も長らく使用していた楽天ゴールドカードを解約して通常カードに戻しました。

そうま灯火

2022年4月は、投資で愛用している楽天証券にも改悪のメスが入ります!これを機に楽天経済圏から撤退すべきなのか、継続すべきなのか。自身の状況を整理しつつ、今後の楽天経済圏へのかかわり方について解説します。

楽天証券の改悪内容

楽天証券の改悪内容ですが、大きくは以下の2点です。

  • クレカ積立によるポイント付与率の減少
  • SPU達成条件の変更(達成が厳しく)

クレカ積立によるポイント付与率の減少

楽天証券の魅力の一つとして、積立で投資信託(ファンド)を購入した場合、購入金額に応じて楽天スーパーポイントが1%付与されることでした。私も楽天証券で投信を積立購入しており、20,000円分購入していたので200ポイントを獲得しており、それをポイント投資にそのまま転用していました。ポイント投資は後述するSPUの達成条件だったので、一石二鳥だったわけですね。

変更後は、なんともわかりにくいですが、要するに、本ブログでおすすめしているような低信託報酬のインデックスファンドに関しては、ポイント還元率が0.2%(5分の1!)ダウンということです。

クレカ積立ではなく、楽天キャッシュによる積み立てをすると、2022年12月買い付け分までは1%が継続されますが、それ以降は0.5%となります。

クレカ積立の還元率はSBI証券が1%(三井住友カードゴールド(NL))、マネックス証券が1.1%(マネックスカード)というなか(2022年3月現在)で、明確なウィークポイントに。

SPUの達成条件が厳しく

楽天証券はSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象となっており、500円以上の買い付けかつポイント投資を活用(500円の買い付け、1ポイントのポイント投資でOK)で楽天市場での買い物に+1%のポイント追加でした。楽天スーパーセールやショップ買い回りで日用品をまとめ買いしている自身としてはなかなかありがたかったのですが。。。

なんと、達成条件が500円以上から30,000万円以上の投資信託の積立に変更!これは厳しい条件です。しかも、ポイント付与率が+0.5%に減少しており、残りの+0.5%は30,000円以上の米国株式の積立に変更しています。

楽天経済圏から撤退すべきか?

なかなかキツメの改悪ですが、結論から言えば、楽天経済圏は継続しようと思っています

盲目的に楽天万歳!!というわけではありません。理由はちゃんとあります。

楽天経済圏はまだまだメリットあり

楽天経済圏の柱となっているのが、楽天市場での買い物なのですが、こちらのセールのポイント還元率は、他の経済圏(PayPay経済圏、docomo経済圏、au経済圏)より、まだ優位性があると思っています。

ほかの経済圏が、それぞれモバイルのソフトバンクユーザ、ドコモユーザ、auユーザに対してインセンティブがあることから、格安simユーザの自身としては入りやすいのが楽天経済圏なんですよね。0円なので楽天モバイルも持ってますしね。

あと、楽天はふるさと納税もポイント還元対応としているところも強みで、毎年、楽天ふるさと納税でポイントをがっつりゲットしています。

みるみるSPUによる追加ポイントが目減りしている一方ですが、他の経済圏に引っ越しする明確な動機もないため、楽天経済圏の活用は続けていきそうです。

と、いうより、QR決済は楽天Pay、PayPay、d払い、au payを使い分けてますし、一つの経済圏に依存するのではなく、すべての経済圏をいいとこどりしながら活用していく、というのが目指す姿です!(少々面倒くさいので、どれかに選びたいところではあるのですが。。。)

楽天証券の証券会社としての立ち位置は再検討事項

楽天証券の利用については、今回の件でかなり懐疑的になりました。もともと、楽天銀行の投資信託保有によるポイント進呈の改悪があってから、引っ越しについては考えていましたが、今回の楽天証券の改悪でさらにその思いが強くなりました。

投信保有ポイントは、毎月チャリンチャリン入ってくるのでメリットが大きい。

SBI証券は投信マイレージで毎月約250Pontaポイント、マネックス証券は保有ポイントで毎月約100マネックスポイントを入手できている。

達成した時だけしかポイント獲得できない楽天銀行+楽天証券とは天と地の差がある!

楽天キャッシュによる積み立てキャンペーンが終わったら、本腰入れて引っ越しを視野に入れようと考えています。SBI証券が、他社からの引っ越し手数料を還元するキャンペーンを恒久化したので、引っ越し先はSBI証券の予定です。

sbi証券入庫キャンペーン
画像出展:SBI証券公式WEBページより

今すぐに移管しない理由は、楽天キャッシュの積立が気になること、2022年3月は色々と資産形成に関して手続きしているので決断疲れをおこしていること(笑)の2つです。現状維持バイアスで逃避します。
ついに移管しました!

”楽天経済圏”だけを理由にした行動は黄色信号!

今回の件で、楽天経済圏の参加を「楽天のサービスだから」という理由でしてはならないと再認識できました。もともと、SPUの還元率が今よりよかった時は、以下のサービスについてもSPUきっかけで利用しようと思っていました。しかし、ことごとくSPU廃止という改悪となっています。

今後も、楽天サービスを活用するときは、ポイントプログラムではなくサービスそのものと向き合っていく必要がありそうです。

  • 楽天証券:2022年4月改悪。自身はSPU達成諦め。
  • 楽天生命:2022年4月廃止。
  • 楽天でんき:2021年5月廃止。
  • 楽天ひかり:2022年4月、現在継続中。

まとめ

2022年4月の楽天証券改悪を受けて自身の状況と今後の方針をまとめました。

結果としては、以下の通りです。

  • 楽天経済圏は継続。まだ他の経済圏引っ越しには至らない。
  • 楽天証券の継続は2022年12月に再検討。保有ポイントが廃止されたことから引越しが濃厚。引っ越し先は今のところ手数料実質無料のSBI証券。
  • 今後の楽天サービスも改悪は見込まれるので、ポイントの餌に釣られない。

ニュースの記事などで、「むしろ今までが大盤振る舞いすぎた」という記述もみますが、メイン口座のSBI証券やサブ口座のマネックス証券は高い還元率を維持したままとなっており、他の証券会社の動向も見どころですね。

以上、そうま灯火でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-ライフスタイル, 楽天
-, , , ,